18下期 VBA勉強会レポート Vol.1

benkyokai


1.勉強会の概要

エクセルとは、表計算アプリケーションであり、主に 機能、関数、VBA 3要素で構成されています。当講義では、その中の1要素であるマクロ機能にフォーカスを当て、学びます。
業務で超簡単マクロを活用して、効率化にチャレンジしてみましょう!を合言葉に、当勉強会も第6期に突入しました。
今期も「マクロの活用のしかたを覚えて業務効率化に成功しました!」という人が1人でも多く現れてくれるよう、講師陣一丸となって頑張ります!


2.今回のテーマと内容

2-1.画面キャプチャーを取って、テスト成績書を作成する

今回の1つめのテーマは、「テスト成績書を作成する」です。
Webアプリケーションのテストを行い、限られた時間で全400画面のキャプチャーを取り、テスト成績書を作成しなければならない…という状況を想定して、勉強会の始まりです。

まずは、手作業で1回分の作業をおこないます。
Webアプリケーションの画面キャプチャーを取り、Excelの所定の場所に貼り付けます。貼り付けた図は、30%のサイズに縮小し、枠線を付けます。ここまでが1工程です。これをあと399回…

ここで、岡崎講師が受講生に質問します。「これを頑張ってひたすら400回繰り返す?」
それに対して、はい!と答えた受講生がいました。やる気マンマンです!
そこで岡崎講師がすかさず、「ダメ!(手作業で全部終わらせようとすると)今日の講義が終わっちゃう!」というと、受講生から笑いが起き、勉強会が一気に和やかなムードになりました。

ここからが勉強会の本題です。「マクロの記録」を実行し、上記の1工程をもう一度繰り返して、その動作の11つを記録させていきます。記録が完了したら、今度はマクロを呼び出すための、ショートカットキーの設定を行います。
さて、ここで上記の1工程をもう一度おこないます。今度は手作業ではなく、先程設定したショートカットキーでマクロを呼び出すと…
「うわ!」「できた!」そんな声があがりました。みなさん、手作業で行っていた時と比べて、1工程に掛かる時間が大幅に短縮されました。1つめのミッション完了です。

2-2.止めろ!追え!

2つめのテーマは、「止めろ!追え!」です。1つめのミッションで、作業時間の短縮に成功しましたが、実際、これはどのように記録されていて、どう動いているのか?果たして自分につかいこなせるのか?そんな疑問を一緒に解決していきます。

Visual Basic Editor(VBE)を開き、2-1.の「マクロの記録」で記録された内容を確認します。ここに書かれているのがVBA言語です。まだ、この段階では「何が書かれているのかまったくワカリマセン」でも、大丈夫ですよ。

プログラムの1行目に「ブレークポイント」を設定します。ブレークポイントとは、「ここで処理を一度ストップします」という目印です。設定したら、もう一度、2-1.のショートカットキーで、マクロを呼び出してみましょう。すると、先程設定したブレークポイントの位置で、プログラムが止まりました。2つめのテーマのひとつ、「止めろ!」の完了です。

では、続いて、「追え!」をやってみましょう。エクセルとVBEを左右に並べ、マクロ実行の様子がわかる状態で、「ステップイン」を行います。ステップインは、ステップイン アイコンまたはキーボードのF81回クリックするごとに、プログラムを1行ずつ実行します。1行ずつ実行すると、ある行で貼り付けた図が30%に縮小され、ある行で図に枠線が引かれ…といった具合に、どこでどんな処理が行われているかを確認することができます。こうしてプログラムを1行ずつ実行し、処理を追っていくことで、動作確認「追え!」の完了です。

本日のミッションは、これですべて終了です。お疲れさまでした!


3.受講者の声

アンケートの平均点は96.2点でした。受講生からはこんな感想をいただきました。
・説明が丁寧、理解度を確認しながら進めてくださった。
・現場での単純作業で役立てたいです
・エビデンス作成する際に手作業で行っていた事が、今回の勉強会で時短する方法がわかりました!早速利用したいと思います。


4.次回予告

次回は、「創立記念式典を成功させよ!」というテーマで、データ集計を手早く行う方法を学習します。
更に、今回のミッションであった「止めろ!追え!」に加えて、「隠せ!」というミッションも行います。
勉強会は、会を追うごとに少しずつ内容をステップアップしていくので、プログラム初心者でも安心してスキルが身につくようになりますよ。


5.今回の勉強会で伝えたい事

単純作業を数多くこなさないといけない、同じ動作を何度も繰り返さないといけない…そんな時こそ、マクロを利用して作業時間の短縮や手作業によるミスを減らし、業務を効率化できるチャンスです。
勉強会では、手作業時に要した時間と、マクロを利用した時に要した時間、それぞれを計測して、その効果を実感して貰っています。マクロの記録だけでなく、エクセルの機能をフル活用して、一緒に成果を出していきたいと思っています。

本勉強会は、メイン講師2名・補助講師3名によって構成しており、受講者からの質問や問い合わせにも手厚く対応しています。ぜひ、見学に来てね!!

私たちは、全てのエンジニアに市場価値を高め自身の望む理想のキャリアを歩んでいただきたいと考えています。もし、今あなたが転職を検討しているのであればこちらの記事をご一読ください。理想のキャリアを実現するためのヒントが見つかるはずです。

『技術力』と『人間力』を高め市場価値の高いエンジニアを目指しませんか?

私たちは「技術力」だけでなく「人間力」の向上をもって遙かに高い水準の成果を出し、関わる全ての人々に感動を与え続ける集団でありたいと考えています。

高い水準で仕事を進めていただくためにも、弊社では次のような環境を用意しています。

  • 定年までIT業界で働くためのスキル(技術力、人間力)が身につく支援
  • 「給与が上がらない」を解消する6ヶ月に1度の明確な人事評価制度
  • 平均残業時間17時間!毎週の稼動確認を徹底しているから実現できる働きやすい環境

現在、株式会社ボールドでは「キャリア採用」のエントリーを受付中です。

まずは以下のボタンより弊社の紹介をご覧いただき、あなたの望むキャリアビジョンをエントリーフォームより詳しくお聞かせください。