18下期 MSServer勉強会レポート Vol.2

benkyokai


1.今回の内容

1-1.まずは概要説明

まずは今回の学習範囲についての概要説明からスタート。この部分が本講座唯一の座学になります(眠っちゃダメよ)。学習範囲内の「重要なポイント」を「簡潔、かつ丁寧に」説明します。

うんうん。受講者の皆さんも、しっかり聞いてくれています。時間は短い(大体15分程度)ですが、重要なポイントのみ説明しているので、皆さんも興味津々、時折メモを取ったり、説明にうなずいたりしながら講義を聞いてくれています。
こういう反応を返してもらえると、講師冥利につきますねぇ~。

<<説明資料の一例>>
こんなわかりやすい絵がいっぱいあります!初心者の方も安心ですネ!!

1-2.ハンズオンでの実習スタート!

概要説明も一通り終了し、皆さんお待ちかね!実機実習・ハンズオンのスタートです。

1-2-1.ドメインコントローラーにクラスチェンジ(昇格)

1回ではWindows ServerActive Directoryドメインサービスの役割をインストールしましたが、この状態ではまだドメインコントローラーになれてはいません。「悟りの書は手に入れたけど、賢者に転職していない」といったところでしょうか(古い例えですね、スイマセン)。

いつもどおり、講師陣お手製のわかりやすい手順書を見ながら、賢者に転職ではなく、ドメインコントローラーへの昇格作業を行います。当然、作業の進捗は人ぞれぞれ。慣れている人は自ら手順書を先取りしドンドン先に進めていきます。慣れていない人は、講師の説明に沿って手順書通りゆっくりと作業を進めていきます。
この受講者ごとの自由奔放なスタイルこそMSServer勉強会の魅力ですね!

さて、ここでは特に大きな問題も発生せず作業完了!(再起動と初回ログインに時間がかかるのはご愛敬w

1-2-2.いざ、ドメイン参加

無事にWindows Server 2台をドメインコントローラーに昇格させることができました。しかし、今後ドメインの各種機能を確認するためにはドメインコントローラー2台だけでは不十分です。では、何をするか?
クライアントとして用意したWindows 10仮想マシンをドメイン参加させてみましょう。ということで早速実習開始です。この業界で働いている方であれば、ドメイン参加などお茶の子さいさい、親の顔より見た光景だと思います。

■ここで事件が発生!
が! そんな簡単には終わらないのが実機演習の怖いところ。
何人かの受講者から「エラーが発生したんですが

そうなんです。ドメイン参加の際、ユーザー名もパスワードも間違えていない、参加するドメイン名も間違えていない、IPアドレスの設定も間違えていないのに、なぜかエラーになってしまうことがあるんです。しかし、ベテラン講師陣としては、まぁ想定の範囲内。

(講師)「落ち着いて!もう1回やってみよう!大丈夫だ!」
(受講者)「はい!(震える手で入力)できました!!」
(講師)「よぉ~~し!(がっちりと握手)」

どうやら今回のケースの場合、操作のタイミングが悪くエラーが発生していたようです。こう行ったケースはよくある話で、何度か繰り返すとうまくいくことが多いです。

とまぁこのような感じで、たかがドメイン参加とはいえ、様々なドラマが発生するのも当勉強会のウリですね!

1-2-3.いろいろ作ってみよう

無事にドメイン参加まで完了。これでクライアントPCからドメインに関する様々な検証を行うことができるようになりました。
さて、何をするか。まずはドメインにおける操作の基礎中の基礎。オブジェクト作成をしてみましょう。
オブジェクトと一言で言っても、種類は様々です。ユーザー、グループ、コンピューター、プリンター、OU、グループポリシー、などなどドメインで管理されるモノ、すべてがオブジェクトです。

今回の講義では、その中でも基礎中の基礎となる「ユーザー」「グループ」「OU」を作成しました。
その中では【「グループ」と「OU」は何が違うのか?】といったような少しだけ深い話も織り交ぜながら(何が違うのか、詳しく知りたい方は是非とも当勉強会を受講してみてください!)、お手製の手順書に従って、オブジェクトの作成を進めていきます。
操作自体は簡単で、特にエラーが出るようなこともなく作業は終わりましたが、説明の箇所ではやはり
「????????」
となってしまう方もいるように見えます。特に経験の浅い方にすればそれも当然のことです。みんながみんな、最初からすべてを知っているわけではありません。

■わからないことを何らかの手段で学び、理解すること
これも、業務をする上では重要なスキルであり、今後絶対に必要となるスキルです。当勉強会では、こういった技術以外のスキルも磨いていっていただけるような講義を目指しています!と言ったところで、次が本日最後の演習になります。

1-3.大事なことなので実機で確認してみました

せっかくクライアントのドメイン参加も実施したので、クライアントも交えて重要なポイントの動作確認をハンズオンしてみましょう!という号令のもと、今回試してみることにしたポイントは、「Domain Admins」と「Domain Users」の動作の違いです。

具体的な内容はここでは割愛しますが、要は、「Domain Admins」って怖いんだよ!ということを、実機操作を通して学んで欲しかった、ということです。
受講者の皆さんは、講師お手製の手順書を見ながら、所属グループの違いによる動作の違いを目の当たりにして、感心したようにメモを取ったり、再度動作の確認をしたりと興味をもって自主的に勉強されていました。中には想定通りに動作せずに四苦八苦されている方もチラホラ

と、ここで講義はタイムアップ!だったのですが、「諦めたらそこで試合終了ですよ!」とばかりに何とか正しい動作をさせようと頑張る受講者の姿も。講師陣もそんな受講者を全力サポート!無事に全員ノルマ達成し、無事本日の講義は完了と相成りました。


2.受講者の声

アンケートの平均点は2/19実施の本講が94.0点、3/2実施の補講が96.1点でした。
受講者からはこんな感想を頂きました。
手順書の工程の一つ一つについて、丁寧に説明していただけた。
ADに触る機会が多く、導入部分から学べてとても有意義でした。質問にも丁寧に回答頂きありがとうございます。
実際に構築しながら学べる事は有難いです。
内容も業務に活用できる知識ばかりでとても良かったです。


3.次回予告

さ~て、次回のMSServer勉強会は…

ADを理解するうえでとても大切になる「FSMO」について学びます。
概要説明はもちろん、実際にFSMOの役割やFSMO障害時の動作影響をしっかりと確認していこうと思います。

ADの機能の根幹にもかかわる部分です!しっかりと理解を深めていきたいですね!


4.今回の勉強会で伝えたい事

<当勉強会のウリ!>
・ 実機演習がメインなので、ハンズオンでの実機操作を学べるよ!
・ いつでも自分専用のAzure学習環境を触れるよ!評価、検証し放題!
・ 常に何かしらの問題が発生するので、トラブルシューティングの基礎を学べるよ!
・ 充実の講師陣によるフルサポート!まるで進学塾!

これらを活用して皆さんも、Windows Serverへの知見や業務につながる技術の習得を目指しませんか?皆さんのやる気に講師陣も全力でお答えします!

私たちは、全てのエンジニアに市場価値を高め自身の望む理想のキャリアを歩んでいただきたいと考えています。もし、今あなたが転職を検討しているのであればこちらの記事をご一読ください。理想のキャリアを実現するためのヒントが見つかるはずです。

『技術力』と『人間力』を高め市場価値の高いエンジニアを目指しませんか?

私たちは「技術力」だけでなく「人間力」の向上をもって遙かに高い水準の成果を出し、関わる全ての人々に感動を与え続ける集団でありたいと考えています。

高い水準で仕事を進めていただくためにも、弊社では次のような環境を用意しています。

  • 定年までIT業界で働くためのスキル(技術力、人間力)が身につく支援
  • 「給与が上がらない」を解消する6ヶ月に1度の明確な人事評価制度
  • 平均残業時間17時間!毎週の稼動確認を徹底しているから実現できる働きやすい環境

現在、株式会社ボールドでは「キャリア採用」のエントリーを受付中です。

まずは以下のボタンより弊社の紹介をご覧いただき、あなたの望むキャリアビジョンをエントリーフォームより詳しくお聞かせください。

文系IT未経験歓迎!【22卒対象】新卒採用のプレエントリーを受付中!
文系IT未経験歓迎!【22卒対象】
新卒採用のプレエントリーを受付中!