18下期 JavaWebアプリ開発勉強会レポート Vol.3

benkyokai


1.今回のテーマと内容

3回目の今回は、早くも全6回の折り返し地点です。
残りの内容を理解するためにも今回の内容の理解は必須です。
そんな第3回の内容はスコープとJavaBeansについてです。

1-1.前回の振り返り

前回の勉強会では、効率的なアプリ開発を実現するために有用なMVCモデルの考え方と、 それを実際に実現するために必要な機能のひとつであるフォワードとリダイレクトについて学びました。
フォワードとリダイレクトはいずれも別のJavaクラスやJSPファイル、あるいは外部に処理を転送するための機能で、処理結果であるデータそのもの連携はできません。

この処理結果の連携を実現するために必要なのが今回学ぶスコープとJavaBeansです。

まずはこれらの内容を説明し、前回までの内容と今回学ぶ内容を整理した上で具体的な説明に入っていきました。これはその機能が何のために使われるかということを理解することに加え、それぞれの機能がどう作用しあうのかを意識させる狙いがありました。今回は、その辺りをポイントに講義を進めていきます。

1-2.スコープ・JavaBeansについて

スコープはインスタンスを保存、取得するためのメモリ上の領域であり、用途に応じていくつかの種類があります。ここでは代表的な以下の3つについて学びました。
・リクエストスコープ
・セッションスコープ
・アプリケーションスコープ

それぞれのスコープが持つインスタンスの有効期間やどんなクラスを使ってスコープにインスタンスを保存、取得、削除するのかといった説明がありました。
実現したい機能に応じてどのスコープを使うか使い分けることが重要です。
講師がそう話すのを、受講者たちも真剣に聞き入り、メモを取っていたのが印象的でした。

JavaBeansはスコープに保存するインスタンスが守るべきルールのことで、このルールを守ったクラスのインスタンスのことでもあります。Webアプリケーションでは、JavaBeansのインスタンスを使ってデータの管理を行います。
講義ではルールの一覧とサンプルプログラムをみながらルールについての解説がなされていました。

1-3.実践!ハンズオン

ハンズオンでは、先述の3つのスコープのサンプルプログラムを実装していきました。
具体的には、「スコープにインスタンスを保存して、フォワード先で取得するという流れ」をハンズオンで確認しました。
参考書を各自に読んでもらってスコープごとのサンプルプログラムを作成、動作確認しましたが、これらの一連の流れについて、最初は理解しづらい部分もあり苦戦している人もいました。しかし、皆さん真剣で積極的に講師に質問している姿を見て心配ないと感じました。

ハンズオンの範囲は量も多く、勉強会の時間内では全てを終えることは難しかったため、残った分は各自自宅で行うよう最後に案内があり、勉強会は終了しました。
やはり、自学でどれだけ積み重ねられるかが差となって表れてくると思うので頑張ってほしいです!


2.受講者の声

受講生からはこんな感想をいただきました。
 ・普段何気なく使っている機能にも、名前があったり、セキュリティー保護のために
  意図的にプログラムを組んでいるのだと学んだ。
 ・現場でのwebアプリケーション開発で生かしたいです。
 ・何の為にスコープを行っているかわかりました。


3.次回予告

次回からは、いよいよアプリケーション開発に進んでいきます。これまでの3回の勉強会で学んできたことを活かせばそう難しいことではありません!がんばっていきましょう!!


4.今回の勉強会で伝えたい事

この第3回までの内容でWebアプリケーションを作成するために必要な基本事項は説明し終えました。
つまりもうWebアプリケーションを作ることができるようになったということです。(「覚える」のではなく「作れる」ようになる!の合言葉が現実になりました!)
逆を言えば、ここまでの内容で理解に不安があるところはしっかりとキャッチアップしておく必要があります。
自宅でもしっかりと復習をしていただき、分からない部分がありましたら丁寧にフォローしますので遠慮なく講師へご質問ください!

私たちは、全てのエンジニアに市場価値を高め自身の望む理想のキャリアを歩んでいただきたいと考えています。もし、今あなたが転職を検討しているのであればこちらの記事をご一読ください。理想のキャリアを実現するためのヒントが見つかるはずです。

『技術力』と『人間力』を高め市場価値の高いエンジニアを目指しませんか?

私たちは「技術力」だけでなく「人間力」の向上をもって遙かに高い水準の成果を出し、関わる全ての人々に感動を与え続ける集団でありたいと考えています。

高い水準で仕事を進めていただくためにも、弊社では次のような環境を用意しています。

  • 定年までIT業界で働くためのスキル(技術力、人間力)が身につく支援
  • 「給与が上がらない」を解消する6ヶ月に1度の明確な人事評価制度
  • 平均残業時間17時間!毎週の稼動確認を徹底しているから実現できる働きやすい環境

現在、株式会社ボールドでは「キャリア採用」のエントリーを受付中です。

まずは以下のボタンより弊社の紹介をご覧いただき、あなたの望むキャリアビジョンをエントリーフォームより詳しくお聞かせください。

ENGINEER.CLUB編集部おすすめの転職エージェント
ENGINEER.CLUB編集部おすすめの転職エージェント