Javaについて徹底解説!

JavaのString.replaceで文字列置換! 便利な活用例にも要注目!

JavaのString.replaceは、文字列に含まれる特定の文字・文字列を、指定されたものに置換するメソッドです。

類似のメソッドにString.replaceAll/replaceFirstがありますが、こちらは「正規表現」と呼ばれるパターンを指定して置換する文字列を探しますので、少しだけ扱いが難しいものです。

この記事ではString.replaceに限定して使い方や活用方法をお伝えします。String.replaceAll/replaceFirstは別記事で扱っていますので、興味があればそちらもぜひご覧になってください。

※この記事のサンプルは、Java 10の環境で動作確認しています。

1.String.replaceは文字・文字列を置換する

String.replaceは、Stringが持つ文字列中にある特定の文字・文字列を、指定した文字・文字列に「全て」置換した文字列を戻すメソッドです。なお、replaceされた元のStringはそのままです。

置換するものを文字・文字列のどちらにするかにより、二つのメソッドが選べます。

ここのポイントは「全て」という所です。「ここの部分だけ置換したい」ということが、残念ながらできません。

指定した文字・文字列が存在しなかった場合は、元の文字列がそのまま戻ります。

置換後の文字列に空文字列(長さ0の文字列)を指定すると、実質的に文字を削除することになります。ですが、nullを指定するとNullPointerExceptionが発生しますので、エラーを出したくない方はきちんとチェックした方がいいかもしれませんね。

なお、戻り値がStringなので、以下のようにメソッドチェーンとすると、必要なだけいくらでもreplaceし続けられたりします。変換を一気に行いたい場合に使います。

2.【応用】String.replaceの活用例

2-1.CSVからTSVへ変換する

CSV(comma-separated values、カンマ区切り)をTSV(tab separated values、タブ区切り)に変えるのにreplaceが使えます。以下のとおり、ごく単純な例ですね。

ただ、少々乱暴なやり方なので、区切り文字以外に‘,’が使われていないかどうかは、必ず確認しましょう。例えば、金額のカンマ表記(“1,000,000”)、欧米の人名表記(“Yamada, Taro”)、会社名(“Co.,ltd”)などが要注意です。

なお、ファイルへ直接行う場合は、例えば以下のようになります。

さらに、Streamを使うと以下のようになります。これだとファイルの内容を全部メモリ上へ一度に読み込むので、もし巨大なファイルを処理するならOutOfMemoryErrorに気を付けてください。

それにしても、Java 78以降だと、ファイルの読み書きはだいぶ楽になりましたね。

2-2.テンプレート内キーワードの入れ替え

何かのテンプレートを用意して、置換したい部分にキーワードを設定し、プログラム上で状況に合わせて置換することは頻繁に行います。例えば、以下のような文面を用意しておいて、と言う感じです。

{customerName}様

弊社のサービス{serviceName}をご利用いただき、ありがとうございます。

お客様の契約されているサービス{serviceName}は、契約期間がもうすぐ満了になります。

もしサービスを継続される場合は「{ymd}」までに契約継続のお手続きをお取りください。

契約継続のお手続きは、以下のURLからお願いいたします。

{url}

こういう文章は、文字列を+で連結したり、StringBuiderにため込む方法でも作れますが、テンプレートをファイルにしておけば文言の修正は簡単ですし、プログラムを直さなくてもいいのでお勧めです。

そして、これをきちんとした文章に仕上げる際に、replaceが使えます。前述の通りreplaceStringを返すので、メソッドチェーンで書くと楽ですね。

なお、あらかじめキーワードと変換後の値がMapに入っていれば、以下のようにも行えます。更なる応用としては、置換用のパラメータ自体もファイルに保存しておく、などということはできそうです。

テンプレートを作るコツは、置換する文字列の前後に何か余分なものを付けておいて(この例では{})、確実にreplaceできるようにすることです。キーワード自体を含めたい場合、入れ替えたくないところまで入れ替わる恐れがあるからですね。

なお、HTMLXMLなどもつまるところはただの文字列なので、同じようにテンプレートにできます。要は使い方次第なのですね。

3.まとめ

String.replaceは、文字列中にある何かの文字・文字列を、指定したものに置換するメソッドです。機能自体は非常に単純ですが、使い方次第で色々と便利なものです。

何かをテンプレートにしておいて、必要な所だけ入れ替えて使うことは、色々なフレームワークでも見かけるものです。一見難しそうでも、実はString.replaceで簡単に実現できるので、活用方法の一つとしてぜひ覚えておいてください。

『技術力』と『人間力』を高め市場価値の高いエンジニアを目指しませんか?

私たちは「技術力」だけでなく「人間力」の向上をもって遙かに高い水準の成果を出し、関わる全ての人々に感動を与え続ける集団でありたいと考えています。

高い水準で仕事を進めていただくためにも、弊社では次のような環境を用意しています。

  • 定年までIT業界で働くためのスキル(技術力、人間力)が身につく支援
  • 「給与が上がらない」を解消する6ヶ月に1度の明確な人事評価制度
  • 平均残業時間17時間!毎週の稼動確認を徹底しているから実現できる働きやすい環境

現在、株式会社ボールドでは「キャリア採用」のエントリーを受付中です。

まずは以下のボタンより弊社の紹介をご覧いただき、あなたの望むキャリアビジョンをエントリーフォームより詳しくお聞かせください。