アプリケーションエンジニアについて徹底解説致します!

アプリケーションエンジニアとは?仕事内容や必要なスキル・資格などを詳しく解説

IT業界で働いているまたは同じ業界で転職を考えているといった人は、調べている中で「アプリケーションエンジニア」を聞いたことがあるかもしれません。アプリケーションエンジニアとはどういった職業なのか、なるためにはどういったスキルが必要で、勉強しておくべきプログラミング言語や役に立つ資格には何があるのか、このコンテンツではアプリケーションエンジニアになるための情報を詳しく解説します。

1.アプリケーションエンジニアとは

数多くあるエンジニアの中の1つ「アプリケーションエンジニア」とは、アプリケーションの設計からプログラムの開発、開発したシステムの動作テストなどのシステム開発の一連の作業を担うエンジニアです。アプリショーンというとスマホにダウンロードするアプリを連想しますが、それだけではなくWeb上で利用するWebアプリケーションなどいくつか種類があります。

基本的にはアプリケーションを開発するエンジニアのことで、クライアントが業務の効率化を目指したシステム開発を依頼したなら、それに合ったITソフトを開発します。またそれらの業務を遂行するためには、ソフトウェアやハードウェア、ネットワーク関連やデータベースなど、システム開発に必要な知識とスキルが必要になります。

就職するにしても転職にしても、アプリケーションエンジニアとして採用が行われています。それでも大半の企業はシステムエンジニアとして採用した後に、その人の適性などを分析しアプリケーションエンジニアを任されるのか、他のエンジニアになるか変わってきます。

アプリケーションエンジニアは、要件定義やシステム設計、開発、テストから運用などのシステム開発の全工程にかかわるケースもあります。システム開発の流れを知っておく必要もあり、システム開発は1つのプロジェクトでもあるので、他のエンジニアとのチームワークであったり、プロジェクトを任された際は率いるためのマネジメントスキルも必要になります。

2.アプリケーションエンジニアの種類

2-1.業務系アプリケーションエンジニア

このエンジニアはクライアントの要望や抱えている業務課題を最適化したり、問題を解決するための業務内アプリケーションを提案し、開発を行います。またITソフトのパッケージ製品の設計、プログラミング、動作テストなども行います。例えば、銀行ATMなどの社会的なインフラにも関わる場合があります。

業務系アプリケーションの開発は実際に現場に行き、何を効率化し最適化したいのかクライアントからヒアリングすることも大切なので、相手に分かりやすく説明をするコミュニケーション能力も必要になります。またアプリケーションを開発したらその後のアップデートや運用にも関わります。

2-2.Web系アプリケーションエンジニア

このエンジニアはブラウザで利用できるWebアプリケーションを開発します。アプリケーションというとスマホへのダウンロードをイメージしますが、アプリケーションはWeb上でも利用することができます。パソコンも日常的に使っている人なら知っているかもしれませんが、フェイスブックやツイッター、アプリ化しているブログ、Yahooメールなどはインストールしなくてもブラウザからでも利用できます。

これがWebアプリケーションです。実際によく作られるのはポータルサイトやオンラインショッピングサイトが多くなっています。Webアプリケーションを開発する際は、サイトの目的を理解して、利用するユーザーにとって使いやすく設計し開発することが最も大切です。

多くのユーザーに利用してもらうサイトだけではなく、企業内限定の業務アプリケーションの要件定義や設計・開発も行います。業務系アプリケーションのエンジニアでもそうですが、クライアントとのコミュニケーションも大切になります。

2-3.スマホ系アプリケーションエンジニア

このエンジニアは文字通りスマホ用のアプリケーションを開発します。スマホの普及がガラケーを上回ると、ユーザーはインターネットを閲覧する際に利用しているのは、ブラウザよりもアプリからの閲覧の方が多くなっています。今後もアプリ利用者は増えると思われて、スマホ系アプリケーションのエンジニアは今後も需要が高まると予想されます。

大切なのはユーザーが見る画面はスマホなので、ブラウザと違って小さな画面を見ます。したがって分かりやすく、パッと見てすぐに分かるぐらいの簡潔なデザインが好まれるので、プログラミングだけでなくデザインセンスも求められます。

またスマホ系アプリケーションの開発は大規模なプロジェクトもありますが、多くは少人数のチームでプランナー、デザイナーと協力をして開発を行うので、一人で黙々と作業をすることが好きでも、コミュニケーションや協調性は必要になります。

3.アプリケーションエンジニアの仕事内容

3-1.システム設計から動作テストまで

アプリケーションエンジニアの主な仕事はシステムの設計からプログラムの開発、動作テストです。上記でも説明したようにスマホ系やWeb系、業務系がありますが、基本的にクライアントの要望に沿ってシステム設計を行います。設計ができたらクライアントに確認をして、修正があれば変更を行ってからプログラミング言語を使ってITシステムに含まれるアプリケーションを開発して行きます。開発ができたら正常に稼働するかのテストは必ず行います。正常に稼働するまで何度も修正を繰り返します。

3-2.開発したアプリケーションの運用・保守

開発したアプリケーションはクライアントに納品した後は、運用と保守も行ないます。運営後に何か不具合やトラブルがあれば即座に修正をしたり復元作業を行います。またクライアントからの改善案を求められれば、アプリケーションのアップデートなども行います。

またアプリケーションが外部からハッキングされたり、ウイルスが侵入していないか監視を行います。日々の運用や保守の仕事が安定した収入にもなります。アプリケーションが問題なく稼働していることが、そのクライアントの経営基盤を維持しているので、開発後の運用と保守は大切な仕事です。

4.アプリケーションエンジニアに必要なスキル

4-1.システム開発一連の流れを経験しておく

アプリケーションの開発は小規模のチームで行う場合があります。またアプリケーション開発のリーダーとして任される可能性もあります。設計から開発、テスト、運用と保守と全ての工程に携ることもあるので、システム開発の一連の流れを経験しておくことは大切です。自分が任された時にスムーズに開発ができることはその後の信頼度にも関わってきます。またリーダーを任されることはスキルアップにもなるので、一連の流れは何度も経験を重ねておきましょう。

4-2.プロジェクトで異なるプログラミング言語

開発に必要なプログラミング言語は業務系、Web系、スマホ系などのプロジェクトによって異なります。したがってそれぞれプログラミング言語を習得しておくと、転職や就職の際の強いアピールポイントにもなります。

・業務系はJavaCC#

業務系の開発は企業内限定のアプリケーションや、業務を効率化するためのアプリケーションが開発されることが多いです。したがって業務系でよく使用されるプログラミング言語は、JavaCC#などになります。

Web系はJavaCRubyPHP

Web系は文字通りWebサイト上で稼働するアプリケーションです。主に使用する言語はJavaScriptCHTMLCSSRubyPHPなどが多くなります。またサーバーやデータベースなどの知識も必要になります。

・スマホ系はSwiftJavaKotlin

スマホ系アプリ開発の場合は、iPhone用アプリならSwiftAndroid用ならJavaKotlinなどの言語が使用されます。またXamarinという開発環境を利用するならC#Cordovaを利用するならHTML5/CSS3/JavaScriptなどを使用して開発を行います。

4-3.開発言語だけでなくネットワークやデータベースの知識も

どの系統のアプリケーションを開発するにしても、ネットワークやデータベースなどの知識が必要になります。また開発を効率化し、プログラミングを稼働させるためのフレークワークの知識も求められます。

またIT業界は新しいツールや技術がどんどん誕生する業界です。その度に要求されるスキルが増えたりするので、常に新しい情報を仕入れていく姿勢が大切です。またアプリケーションエンジニアだからと視野を狭めるのではなく、エンジニアとして広く知識を得ることが大切です。

5.アプリケーションエンジニアに役立つ資格

5-1.システムアーキテクト試験

この試験は、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)が実施している国家試験です。高度なIT人材としての専門分野を持っており、提案を受けて情報システムまたは組込みシステムの開発に必要となる要件定義をし、それを実現するための設計・開発をし、完成に導くことができる上級エンジニア向けの試験となっています。

つまりレベルが非常に高く、現役のプログラマーがスキルアップとして目指す試験と言えます。平成29年では8,678名が応募し合格率は12.7%と難易度が高いです。それでも取得できれば上級エンジニアとしての証明にもなります。

5-2.Android技術者認定試験

この試験は、一般社団法人IT職業能力支援機構Android技術者認定試験制度委員会が実施しています。Android技術者としてのスキルを認定する試験で「アプリケーション技術者認定試験」と「プラットフォーム技術者認定試験」の2種類が用意されており、それぞれに「ベーシック」と「プロフェッショナル」の2段階設定のレベルがあります。

スマートフォンやタブレットがメインOSとなった現在、アプリケーションソフトウェアが進んでおり、市場の拡大と共にアプリケーションエンジニアのスキルを客観的に評価できる基準として公的な試験を設立しました。

またこの試験は、経済産業省が定めるITSSITスキル標準)に基づき特定非営利活動法人スキル標準ユーザー協会が発表している、ITSSのキャリアフレームワークと認定試験・資格とのマップにも、AECが組み込まれています。

6.まとめ

アプリケーションエンジニアはスマホにダウンロードされるアプリ開発だけではなく、企業の業務を最適化するためのアプリケーションであったり、Webサイトで利用するアプリケーションがあるので幅広知識とスキル、経験が求められる職業です。またサーバーやネットワークなど開発言語以外のスキルも必要になってくるので、経験を積めばそれだけスキルアップにもなり、プロジェクトリーダーを任されるようにもなる職業なので、目標とやりがいを得ることができます。

『技術力』と『人間力』を高め市場価値の高いエンジニアを目指しませんか?

私たちは「技術力」だけでなく「人間力」の向上をもって遙かに高い水準の成果を出し、関わる全ての人々に感動を与え続ける集団でありたいと考えています。

高い水準で仕事を進めていただくためにも、弊社では次のような環境を用意しています。

  • 定年までIT業界で働くためのスキル(技術力、人間力)が身につく支援
  • 「給与が上がらない」を解消する6ヶ月に1度の明確な人事評価制度
  • 平均残業時間17時間!毎週の稼動確認を徹底しているから実現できる働きやすい環境

現在、株式会社ボールドでは「キャリア採用」のエントリーを受付中です。

まずは以下のボタンより弊社の紹介をご覧いただき、あなたの望むキャリアビジョンをエントリーフォームより詳しくお聞かせください。